FC2ブログ

永興寺 初観音祭

昨日は永興寺(みやま市瀬高町)で「初観音祭」が行われたので見に行きました。みやま市に住んでいる人にとっても「永興寺ってどこ?」と言われるほどマイナーなお寺。実は歴史も古く、創建は平安時代にさかのぼります。九州西国三十三箇所の第17番札所でもあります。(みやま市といえば清水寺がメジャーですが、清水寺は第16番札所です。)清水寺に上る道路をそのまま登り続けると、永興寺が現れます。
2012011001

2012011002 2012011003
2012011004
普段はひっそりとした永興寺ですが、角松が立ち、熊手やお守りが売られています。100~200人の方が詰めかけ、結構な賑わいでしたよ。若い女性客の姿もチラホラ。う~ん、ふだんの閑静な雰囲気からは想像もつきません!







ご本尊は千手観音ですが、お守りにも描かれてるように天狗(自然霊)とのつながりがあるそうです。本堂には天狗の大きな面が飾られていて、この祭りにあわせて「辛苦転じて福と成す」という書が飾られていました。去年は東日本大震災という、一国にとっての辛苦がありました。福となることを願わずにいられません。
2012011005







2012011006 2012011007
本堂の中では住職様によるご祈祷が行われています。祈祷・お祓いをお願いされた方はもちろんですが、私のようにただ見に来ただけの人々も、本堂内に座ってご祈祷を受けることができます。私も「家内安全、交通安全、、、、」など念を込めながら背中をポンポン叩かれて出てまいりました。







来られた皆様には、お昼御飯が振る舞われました。それほど気温は下がらなかったのですが、山中のお寺なので、やはりしんしんと体が冷えてきます。温かいダゴ汁がしみますね~~。ありがたいです。
2012011008
お布団や熊手があたる抽選会も行われましたよ。






昼食の後は、ありがたーい住職様の説法。右の若い方が現在のご住職のようです。「感謝の心と譲る心を忘れずに」とのお話でした。左は先代の住職であり、現住職のお父様だそうです。お父様とお話しする機会があり、「この永興寺が、気軽に立ち寄れるお寺になってほしい」とおっしゃっていました。
2012011009







その頃、本堂の前ではこれから始まる儀式の準備が始まっていました。いよいよクライマックスです。
2012011010
本堂裏の広場で護摩炊きが行われます。龍のごとく白煙がのぼり天を覆います。そして暫らく後、煙が消えて火柱へと変わります。すごい熱気です。さきほど祈祷を受けたお札が次々に放り込まれいきます。
2012011011 2012011012
2012011013

2012011014
全てが燃え尽きたあと、燃え殻を広げ「火渡り神事」が行われました。(すみません時間切れで最後までは見れませんでした) 新春にふさわしい行事で、すがすがしい気持ちになれましたよ。 

永興寺初観音祭の様子はこちらでもご覧いただけますよ。
千寿の楽しい歴史「初観音祭(永興寺)」
当日はお世話になりました。ありがとうございました。また、道の駅に新年のご挨拶にお越し頂きありがとうございました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みやま市観光協会

Author:みやま市観光協会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR